三種新中学候補地「再度意向調査を」 八竜地区住民が要望書

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県三種町八竜地域の住民有志8人でつくる「未来の学校を考える会」(森山大輔代表)は1日、町内3中学校を統合した新中学校の建設候補地について、再編準備委員会内でもう一度、意向調査を行うよう求める要望書を藤田良博教育長に提出した。

 再編準備委は当初、町内4カ所を候補地に挙げていたが、3回目の会合で意向調査を実施。その結果、「山本中敷地内」と「琴丘中・ことおか中央公園周辺」の2カ所に委員の意向が集中したため、4回目の会合で、この2カ所を町教育委員会に提出する意見書に盛り込むことを決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 436 文字 / 残り 191 文字)

秋田の最新ニュース