アランマーレ、強豪ENEOSと対戦 千葉で4、5日

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
マットを使ってコンタクトの練習をする田中(左)と佐藤千=11月30日、岩城総合体育館
マットを使ってコンタクトの練習をする田中(左)と佐藤千=11月30日、岩城総合体育館

 バスケットボール女子Wリーグのアランマーレ秋田は、4日と5日の午後2時半から、千葉県八千代市市民体育館で昨季2位のENEOS(千葉県柏市)と対戦する。秋田は主力の負傷が相次ぎ、10人で戦わなければならない。一丸となって強豪に立ち向かいたい。

 ENEOSは横手市出身で能代工高OBの佐藤清美氏が指揮を執る。旧日本リーグ時代を含め優勝回数は最多の22回。今季はフォワード渡嘉敷来夢がけがから復帰し、東京五輪代表の宮崎早織、林咲希らガード陣を中心に、攻撃的でスピーディーなバスケを強みとする。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 545 文字 / 残り 301 文字)