中国配車ディディ、米上場廃止へ 当局要請受け香港市場に転換へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ニューヨーク証券取引所に表示された中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)のロゴ=6月(ロイター=共同)
ニューヨーク証券取引所に表示された中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)のロゴ=6月(ロイター=共同)

 【北京共同】中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)は3日、米ニューヨーク株式市場から撤退し、香港市場に上場する方針を表明した。米国への顧客データ流出を警戒する中国当局の要請を受けた措置とみられる。習近平指導部のIT大手に対する統制が一層明確になった形だ。

 ディディは6月にニューヨーク証券取引所に上場したばかり。ディディは短文投稿サイト、微博(ウェイボ)で「真剣な検討の末、本日からニューヨーク証券取引所の撤退作業と、香港市場に上場する準備を始める」と発表した。ディディにはソフトバンクグループが出資している。