男子テニス統括団体も懸念を発表 中国女子選手の彭帥さん問題

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
テニスの全豪オープン女子シングルスでプレーする中国の彭帥さん=2020年1月、メルボルン(共同)
テニスの全豪オープン女子シングルスでプレーする中国の彭帥さん=2020年1月、メルボルン(共同)

 中国の女子テニス選手、彭帥さんが元副首相に性的関係を強要されたと告白した問題で、男子ツアーを統括するプロテニス選手協会(ATP)のアンドレア・ガウデンツィ会長は2日、「彭さんの状況は、われわれのスポーツの内外で深刻な懸念を引き起こしている。この懸念への対応はここまで不十分だ」と新たに声明を発表した。

 この問題を巡っては女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)が1日に中国での大会開催見合わせを発表した。ガウデンツィ会長はWTAと彭さんが直接連絡を取れるように再度求め「関係者と協議し、問題の進展を見守っていく」とした。(共同)