スノボ、今季最終戦で鬼塚が落選 W杯ビッグエア予選

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ビッグエア予選 12位で決勝に進めなかった鬼塚雅=スティームボートスプリングズ(ゲッティ=共同)
女子ビッグエア予選 12位で決勝に進めなかった鬼塚雅=スティームボートスプリングズ(ゲッティ=共同)

 スノーボード・ビッグエアのワールドカップ(W杯)で今季最終戦となる第2戦は2日、米コロラド州のスティームボートスプリングズで予選が行われ、女子は昨季の世界選手権で3位に入った23歳の鬼塚雅が71・75点の12位で、開幕戦に続いて上位8人による決勝(4日)に進めなかった。

 19歳の岩渕麗楽が98・25点で1位通過。開幕戦を制した17歳の村瀬心椛は94・50点の4位で決勝に進み、芳家里菜は14位で予選落ちした。

 2組で予選が行われた男子は16歳の荻原大翔が90・00点で1組2位に入り、83・50点で2組4位の大塚健とともに、10人で争う決勝に進んだ。(共同)