ベラルーシが難民問題で報復表明 米、EUなど制裁に

お気に入りに登録

 【モスクワ共同】ベラルーシのゴロフチェンコ首相は3日、ルカシェンコ政権が難民を意図的に送り込んでいるとして米国や欧州連合(EU)、英国、カナダが発表した追加制裁について「近日中に対抗措置を取る」と表明した。インタファクス通信が伝えた。

 ベラルーシ外務省も同日発表した声明で、追加制裁は「難民を利用して欧州の平和と安全を脅かしたなどというでっち上げに基づく、違法で偽善的な対応」だと非難。相応の対抗策を取ると強調した。