遠い風近い風[伊藤伸平]クリスマスの光

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 先日、東京の恵比寿ガーデンプレイスで、バカラの巨大シャンデリアのライトアップを見てきた。高さ5メートル、幅3メートルの世界最大級の大きさ。使われているクリスタルパーツの総数は8500、灯(とも)るライトは250もあり、1999年から毎年冬に華やかな輝きを見せている。

 特にコロナ禍が終息しない今年は「光がある、明日がある。」をテーマに、〈シャンデリアの明かりの中に、それぞれの暮らしにかかる光の尊さを感じ、一人でも多くの人が希望を持ち笑顔になれるように〉という願いを込めて明かりを灯しているそうだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1237 文字 / 残り 987 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース