現代美術家・大小島さん、美郷町の壁画5作品を図録に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
美郷町で制作した五つの壁画を収めた図録を手にする大小島さん。背景は美郷中にある「水」の壁画
美郷町で制作した五つの壁画を収めた図録を手にする大小島さん。背景は美郷中にある「水」の壁画

 秋田県美郷町内の学校や公民館で壁画の制作に取り組んだ、現代美術家・大小島真木さん(34)=東京都=がこれまで町内で描いたり展示したりした作品の数々を町が図録にまとめた。各作品の制作の経緯や、大小島さんの思いを知ることができる。

 水の波紋に集まるように描かれた動物たち。手のように根を広げる木々―。大小島さんが2016年に町内で初めて描いた壁画「水の歌」(縦1・42メートル、横5・20メートル)は町を代表する資源である水がテーマ。アクリル絵の具などを用い、生命の連続性を幻想的に表現した。

 20年まで毎年町を訪れ、各学校や公民館で中国の五行思想に基づく壁画のシリーズを制作。美郷中で描いた「水の歌」に続き、仙南小では「土」、千畑小で「木」、町公民館で「金」、六郷小で「火」をテーマにした作品を完成させた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 902 文字 / 残り 549 文字)

同じジャンルのニュース