シダマツが五輪金ペア破り決勝へ バドWTファイナル

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス準決勝で東京五輪金メダルのインドネシアペアを破った志田(奥)、松山組=バリ(AP=共同)
女子ダブルス準決勝で東京五輪金メダルのインドネシアペアを破った志田(奥)、松山組=バリ(AP=共同)

 バドミントンのワールドツアー・ファイナル第4日は4日、インドネシアのバリで各種目の準決勝が行われ、ダブルスは女子で初出場の志田千陽(ちはる、秋田県八郎潟町出身)、松山奈未組(再春館製薬所)、混合で東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)、男子の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が決勝に進んだ。女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は敗退した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 569 文字 / 残り 389 文字)

同じジャンルのニュース