大阪の高校生、五城目へ探究旅行 地域活性化、ヒント探る

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大阪の高校生が五城目町で朝市や教育などをテーマに探究学習した成果を発表した報告会
大阪の高校生が五城目町で朝市や教育などをテーマに探究学習した成果を発表した報告会

 大阪府追手門(おうてもん)学院高校の2年生37人が4日まで5日間の日程で、修学旅行を発展させた校内行事「探究旅行」で秋田県に滞在し、五城目町で地域課題や魅力、活性化のヒントを探る研修に取り組んだ。滞在4日目の3日は町中心部の朝市ふれあい館で報告会を開き、町民に探究の成果を発表。地方の実情について「予想と大きく違った」「現状を知らなかったことを痛感した」と述べ、充実した学びの成果を紹介した。

 生徒は6チームに分かれ、朝市、古民家民宿、教育などをテーマに活動。大阪で事前にインターネットなどで情報収集を行った上で、今月1、2日に町民らへの聞き取り調査などを実施。報告会では調査した町の現状と、活性化などに向けて企画したアイデアをスライドショーなどを用いて発表した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1099 文字 / 残り 766 文字)

同じジャンルのニュース