規格外の果物をビールに 男鹿市出身の女性が企画販売

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「BEERful」の商品を手にする渡部さん=大丸東京店
「BEERful」の商品を手にする渡部さん=大丸東京店

 規格外で市場に出回らない果物を使ったオリジナルクラフトビールを企画販売する「美溢(びあふ)る」(東京都渋谷区)代表の渡部有未菜さん(26)は秋田県男鹿市五里合出身。社名と同じ読み方の「BEERful」のブランド名で、故郷の特産品であるナシのほか、イチゴやミカンを使ったビールも販売している。

 JR東京駅に直結する大丸東京店4階のショールームスペース「明日見世(あすみせ)」に、来年1月11日までの期間限定で出店中。店頭で実物を手に取ることができ、その場で注文できる。10月の出店から約2カ月がたち、評判は上々という。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 835 文字 / 残り 576 文字)