高校サッカー、48校そろう 28日開幕、茨城代表は鹿島学園

お気に入りに登録

 サッカーの第100回全国高校選手権に出場する48校が5日、出そろった。全都道府県で最後の茨城県大会決勝が水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で行われ、鹿島学園が明秀学園日立に1―0で勝ち、2大会連続10度目の出場を決めた。

 大会は28日に東京・国立競技場で開幕。首都圏の9会場で行われ、準決勝は来年1月8日、決勝は10日に国立競技場で実施される。鹿島学園は初戦の2回戦で高松商(香川)と対戦する。

 前回優勝の山梨学院は佐賀東と2回戦で当たる。来季J1のFC東京に加入するMF松木玖生を擁して前回準優勝の青森山田は2回戦で大社(島根)と顔を合わせる。