「ウイルス除去のソフト入れて」 60代男性、4万円被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警能代署は5日、三種町の60代男性が特殊詐欺に遭い、電子マネー利用権4万円分をだましとられたと発表した。

 署によると、男性が4日にパソコンでインターネットを利用中、セキュリティーに関して警告する画面が出た。表示された番号に電話すると「ウイルスを除去するためのセキュリティーソフトを入れた方がいい」などと言われ、能代市のコンビニで電子マネーのプリペイドカードを購入し利用に必要な番号を伝えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 314 文字 / 残り 115 文字)