ワクチン3回目接種、県内でも開始 能代、医療従事者向け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JCHO秋田病院で始まった3回目のワクチン接種(代表撮影)
JCHO秋田病院で始まった3回目のワクチン接種(代表撮影)

 秋田県能代市の地域医療機能推進機構(JCHO、ジェイコー)秋田病院で6日、医療従事者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が始まり、同病院の医師や看護師ら49人が受けた。県医務薬事課によると、県内での3回目接種実施は初めて。

 この日は午後1時半ごろ接種を開始。大塚博徳院長は「ワクチンの効果が世界中で評価されている。今後(1、2回目と異なる製品を打つ)交差接種が始まると作業が煩雑になるので、間違いが起きないようにしなければならない」と話した。

秋田の最新ニュース