五十嵐カノア3位、初代年間王者 サーフィン新設のCS

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
五十嵐カノア
五十嵐カノア

 サーフィンの世界最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の来季シード権を争うチャレンジャーシリーズ(CS)の今季最終戦、ハレイワ・チャレンジャーは5日、米ハワイ州ハレイワで男子決勝が行われ、3位に入った東京五輪銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)が初代年間王者に輝いた。

 CSは今季新設されて4戦を実施。最終戦は2016年から2季連続でCT年間王者に輝いたジョン・フローレンス(米国)が制した。

 既にCTシード権を持つ五十嵐ら3選手を除く年間上位12選手が来季のCT出場権を獲得。村上舜は22位、東京五輪代表の大原洋人は38位で落選した。(共同)