秋田の賃金水準アップ、どう実現 県「元気創造プラン」素案

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 来年度からの県政運営の指針「新秋田元気創造プラン」(2022~25年度)の素案が6日、判明した。人口減少克服に向けて柱に据えた賃金水準の向上について、労働生産性と就業率を高めることにより実現を目指す方針を明記した。一方で賃金水準は「景気の動向に大きく左右される」などとして、具体的な数値目標は示さなかった。

 現行プランで掲げている人口の社会減抑制に関しても、目標設定を見送った。賃金水準の向上と同じく、関係データの推移を注意深く検証しながら対策を進めるとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 858 文字 / 残り 627 文字)

秋田の最新ニュース