岸田首相「新資本主義、主役は地方」 菅政権の脱炭素継承

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 岸田文雄首相は6日の所信表明演説で、「新しい資本主義の主役は地方だ」と述べ、人口減少や高齢化といった地方の課題をデジタルを活用して解決すると訴えた。

 首相は看板政策の一つに掲げる「デジタル田園都市国家構想」を推進し、地方を活性化させると強調。日本を周回する海底ケーブルを張り巡らす「デジタル田園都市スーパーハイウェイ」を3年程度で整備する方針を示し、「日本中どこにいても高速大容量のデジタルサービスを使えるようにする」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 389 文字 / 残り 174 文字)

同じジャンルのニュース