観光三セク4社集約し、新会社設立へ 仙北・田口市長が方針

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市の田口知明市長は一般質問で、統合再編を検討している観光施設運営の市第三セクター4社について、「4社を一つに集約することにより、会社のスリム化を図り、経営の黒字化を目指したい」と述べ、22年度中に新会社を設立する方針を示した。

 4社は花葉館、西木村総合公社、アロマ田沢湖、西宮家。市は今年4月から経営コンサルタントに調査を委託し、統合再編の検討を行ってきた。これまでの検討過程では、事業統合や撤退による合理化が不可欠で4社を統合すべきだとの指摘があった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 577 文字 / 残り 344 文字)

秋田の最新ニュース