ツルハで肉や魚売ってます 島川商店が新たな挑戦、大曲仙北

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツルハドラッグ田沢湖店の棚に商品を並べる島川商店の島川社長
ツルハドラッグ田沢湖店の棚に商品を並べる島川商店の島川社長

 秋田県仙北市田沢湖の食品卸売業・島川商店(島川祥社長)は、大曲仙北地域のドラッグストアに生鮮食品の小売りコーナーを設け、肉や魚を売り出している。主な取引先だった地元の観光宿泊施設への食材販売が新型コロナウイルスの影響で落ち込んだのを受け、新たな挑戦と位置付ける。

 生鮮食品は大仙、仙北、美郷3市町のツルハドラッグ8店舗で販売。店の一角を間借りし、鹿角市産の八幡平ポークや野菜などを並べている。この時期は、鍋物用として需要が高い白菜や長ネギなどを多く扱う。

 このうち仙北市のツルハ田沢湖店では、50種類近くの商品を販売している。ツルハは全国各店で生鮮食品の取り扱いに力を入れており、田沢湖店の成田純平店長(29)は「この店だけで買い物を完結できるようにすれば、お客さまの利便性向上につながる。頼られる店にしたい」と語る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 827 文字 / 残り 466 文字)

秋田の最新ニュース