法華寺にちなみホッケコロッケ お寺の文化祭、楽しく

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ハスの花のオブジェを作るワークショップ
ハスの花のオブジェを作るワークショップ

 秋田市旭北の法華寺(ほっけじ)はお釈迦様が悟りを開いた12月8日を記念し、2年前からこの時期に「お寺の文化祭」と題したイベントを開いている。人口減に伴って檀家(だんか)の減少が続く中、お寺と住民とのつながりを深めようと、齋藤宣裕(せんゆう)副住職(44)が企画。訪れた人たちとの交流を楽しんでいる。

 今年の文化祭は5日に開催した。開放された本堂には、齋藤副住職の知り合いの個人や事業者が出店し、食べ物や雑貨、絵画などを販売。スヌード作りや、ハスの花のオブジェ作りのワークショップも行われた。

 法華寺の名にちなんで具材に魚のホッケを使った「ホッケコロッケ」や、カレーのテークアウトなどが人気を集めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 622 文字 / 残り 322 文字)

秋田の最新ニュース