【ルポ季節ハタハタ(にかほ)】朝の漁港「雌1匹、雄1匹。建網はゼロ!」

会員向け記事
お気に入りに登録

刺し網からイワシやキスを外す漁師=7日午前9時ごろ、平沢漁港

【本荘支局にかほ市駐在・川村巴】7日朝、県漁協南部支所の職員から「平沢でハタハタの網入れをしたようだ」と聞き、秋田県にかほ市平沢の平沢漁港へ向かった。

午前8時50分ごろ漁港に着くと、漁船「隼丸」の漁師4人が刺し網に掛かったイワシやキスを手際よく外していた。

「こんにちは、魁です。ハタハタは…」
「雌1匹、雄1匹。建網はゼロ!」

平沢漁港を訪れるのは初めてだったが、突然の訪問にも驚かずに対応してくれた。毎年のように取材を受けているのだろう。「去年(の記者)は男性だったけど、今年は女性なんだな」と、慣れた様子だ。

船頭を務める秋田則一さん(74)によると、午前7時ごろに船を出し、小型定置網とモニタリング用の刺し網を引き上げたところ、刺し網に2匹だけ掛かっていた。

「ルポ季節ハタハタ」一覧はこちら

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 407 文字)

秋田の最新ニュース