ワクチン未接種者に無料検査 秋田県、基礎疾患ある人や子ども対象

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 新型コロナウイルスワクチンの接種証明か検査の陰性証明を活用する政府の「ワクチン・検査パッケージ」を推進するため、秋田県は7日、ワクチンを接種できない人が受けられる無料検査を早ければ月内に始めると明らかにした。検査拠点の拡充も目指す。

 同日開かれた県議会福祉環境委員会で説明した。ワクチン・検査パッケージは、飲食店やイベント主催者が利用者のワクチン接種証明か検査の陰性証明を確認することで、緊急事態宣言下などでも制限を緩和できる。平時も感染対策として事業者が自由に活用できる。

 無料検査の対象は、基礎疾患があるなど健康上の理由でワクチンを接種できない人と12歳未満の子ども。無症状者が対象のPCR検査か抗原定性検査を実施する民間検査機関や薬局に、県が検査費用を補助する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 538 文字 / 残り 203 文字)

同じジャンルのニュース