日本2勝、2位で2次Lへ ハンド女子世界選手権

お気に入りに登録

 ハンドボール女子の世界選手権は6日、スペイン各地で行われ、1次リーグG組で既に突破を決めている日本は第3戦でクロアチアを28―26で退け、2勝1敗の同組2位で2次リーグに進むことになった。前半を14―14で折り返し、後半に中山(北国銀行)が5得点するなどして競り勝った。

 8日からの2次リーグには各組の1~3位の計24チームが進み、4組に分かれる。日本は1次リーグH組上位勢と同組で8日にスペイン、10日にオーストリア、12日にアルゼンチンとぶつかる。1次リーグで当たったブラジル、クロアチアとの対戦結果は持ち越すため、日本は1勝1敗からスタートする。(共同)