県スキー場割引券申請、6350枚分無効 再申請受け付けへ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は7日、県内スキー場で使える割引券の申し込みをウェブサイトで受け付けた際に半数以上の申込者に受け付け完了メールが届かない不具合が発生した問題で、6350枚分の申し込みが無効になったと明らかにした。申込者の記録が残っていなかったため。無効になった人を対象に11~15日、専用ウェブサイトで再申請を受け付ける。県議会産業観光委員会で説明した。

 県観光振興課によると、受け付けは先着順で、申し込みが完了するとメールが自動送信されるはずだった。不具合の原因を調べたところ、短時間に申し込みが集中したことで不正アクセス防止機能が作動し、メールの処理システムに制限がかかったことが判明したという。サイト管理業者は機能を詳しく把握しておらず、不具合を防ぐ手だてを取っていなかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 648 文字 / 残り 311 文字)

秋田の最新ニュース