「刈和野大綱引き」一般向け中止 地元小中生で小規模に

会員向け記事
お気に入りに登録

 毎年2月10日に秋田県大仙市刈和野で行われる国指定重要無形民俗文化財「刈和野の大綱引き」を主催する刈和野大綱引保存会は7日の役員会で、来年は一般向けの大綱引きを中止し、代わりに小規模な綱を地元の小中学生が引き合う内容にすることを決めた。

 保存会によると、大綱引きの中止は、記録が残る1957年以降で初めて神事のみ行った今年に続き2回目。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 600 文字 / 残り 431 文字)

同じジャンルのニュース