TDK小木田、契約金3千万円 オリックスと仮契約

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オリックスのユニホームに身を包み、決意を新たにする小木田(左)
オリックスのユニホームに身を包み、決意を新たにする小木田(左)

 プロ野球ドラフト会議でオリックスから7位指名を受けたTDKの右腕小木田敦也(23)が8日、秋田市の秋田キャッスルホテルで球団と入団交渉を行い、契約金3千万円、年俸800万円で仮契約した。

 小木田は交渉後、「ようやくプロになった実感が沸いた。強気な投球で、先発でも中継ぎでも与えられた役割を果たす」と語った。色紙に「開幕一軍」と目標を書き、決意を新たにした。

 角館高を卒業後に5年間在籍したTDKでの野球生活を振り返り、「肩を痛めたり、勝てない時期があったりと苦しい時間が長かった。ただ、そのおかげで人として大きく成長することができた」と目を潤ませた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 476 文字 / 残り 200 文字)

秋田の最新ニュース