求人サイトを法規制対象に 厚労省、届け出制導入

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
厚生労働省
厚生労働省

 インターネット経由で求人情報を提供するサイトなどを巡り、厚生労働省は8日、労働政策審議会の部会に規制案を示し、了承された。サイト運営者の届け出制度が柱。個人情報保護違反や、偽情報で人を集めた場合に罰則を科す。職業安定法などの改正案に内容を盛り込み、2022年通常国会にも提出する。22年度中の施行を目指す。

 現行法は企業と求職者を直接仲介する場合は規制対象になる。しかし、情報を載せるだけの求人サイトや、さまざまな求人サイトを横断的に検索できるサービスなどは対象外。ネットを使った就職活動が増える中、実際は掲載内容と違う条件だったなどのトラブルが相次いでいた。