2286医療機関名公表、厚労省 コロナ病床「見える化」で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
厚生労働省
厚生労働省

 厚生労働省は8日までに、新型コロナウイルス患者向け病床を確保している2286の医療機関名と、それぞれの病床数を初めて公表した。流行「第6波」に備えて医療提供体制を「見える化」し、感染拡大時に入院が必要な患者の受け入れを促す狙い。入院患者数も12月中に発表し、今後は病床数とともに1カ月ごとに情報を更新する。

 厚労省のシステムを通じて1日時点の医療機関名と確保病床数を把握し、同省のホームページで一覧を公表した。自治体病院や、第6波を見据え国が病床数の上積みを要請した公的病院、自治体と患者受け入れで合意した民間病院などが掲載されており、病床数は計約3万9千。