イージス説明会、山口5回秋田1回 住民「ばかにしているのか」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年6月8日に防衛省が開いた説明会=秋田市の勝平地区コミュニティセンター
2019年6月8日に防衛省が開いた説明会=秋田市の勝平地区コミュニティセンター

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画断念を巡る防衛省の説明会日程が8日、発表された。県内は秋田市で住民向けの1回が予定されているのみだが、山口県は5回となっている。防衛省は「地元自治体と調整してきた結果」とするが、秋田市民からは「秋田を軽視しているのか」との声が上がる。

 防衛省の発表によると、山口では21日に萩市議会向けの説明会が開かれる。住民向けは21、22、24、25日の計4回で、萩市で2回、阿武町で2回予定されている。

秋田の最新ニュース