来年はトラのように勇敢に前へ 天然秋田杉製の扇子作り盛ん

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
盛んに行われている来年の干支「寅」の絵柄を彫った飾り扇子作り
盛んに行われている来年の干支「寅」の絵柄を彫った飾り扇子作り

 秋田県八峰町八森の工房「木肌のぬくもり社」(須藤奈津子代表)で、来年の干支(えと)「寅(とら)」の絵柄を彫った天然秋田杉製の飾り扇子作りがピークを迎えている。

 飾り扇子は、厚さ1ミリほどの板を張り合わせて扇形にした後、年輪だけを残して干支などの模様を彫る「透かし彫り」で製作。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 427 文字 / 残り 288 文字)

秋田の最新ニュース