由利本荘、暖房費5千円補助へ 低所得世帯が対象

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市議会は8日、本会議を開き、一般質問を行ったほか、灯油購入費助成事業費4980万円、PCR検査センター設置事業費174万円などを盛り込んだ21年度一般会計補正予算案など2件を追加提案した。

 助成事業は灯油価格の高騰を受け、市民税非課税世帯(約8900世帯)に、冬場の暖房費として5千円を補助する内容。予算案が可決されれば、市から1月下旬に対象世帯へ申請書を郵送し、年度内に審査して対象世帯の口座に振り込む。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 387 文字 / 残り 176 文字)

秋田の最新ニュース