「イージス説明会は複数回開いて」 平和労組会議など要請書

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県平和運動推進労組会議とイージス・アショア問題を考える新屋住民の会は9日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画断念を巡り防衛省が秋田市で開く住民説明会について、複数回開くよう防衛省に申し入れることを県に要請した。防衛省は、本県での説明会を23日夜に秋田市の勝平地区コミュニティセンターで開く1回のみの予定としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 401 文字 / 残り 231 文字)

秋田の最新ニュース