現場責任者、煙突内で転落し死亡 能代火力

会員向け記事
お気に入りに登録

 9日午後1時半ごろ、秋田県能代市字大森山の東北電力能代火力発電所1号機で、煙突に接続する煙道の補修工事に立ち会っていた宮城県亘理町の男性会社員(45)が煙突内の約8メートル下に転落し、市内の病院に搬送されたが約2時間50分後に死亡した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 191 文字 / 残り 72 文字)

秋田の最新ニュース