県職員にボーナス平均79万9千円 昨冬比3万8千円減

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県職員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。一般職の平均支給額(平均45歳3カ月)は79万9千円で、昨冬と比べ3万8千円減った。佐竹敬久知事には10万6千円減の210万5千円が支給された。一般職、特別職ともに減額で、県人事委員会の勧告を踏まえ、期末手当を0・1カ月分引き下げたことが要因。

 一般職の平均支給額は知事部局(平均43歳11カ月)が74万6千円、教育委員会(同47歳7カ月)が84万8千円、県警本部(同39歳1カ月)が70万6千円だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース