ハピネッツ保岡、価値ある3Pで流れ渡さず

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―A東京】第1クオーター、秋田の保岡がミドルシュートを決める=CNAアリーナ
【秋田―A東京】第1クオーター、秋田の保岡がミドルシュートを決める=CNAアリーナ

 4連勝中と勢いに乗る中での格上A東京戦。上位をうかがうために重要な一戦をものにし、前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は「こういう試合で勝てるのが普通になってこないと殻を破れない。そういう意味でも戦い切れたのはうれしい」と手応えを口にした。

 持ち前の激しいディフェンスに加え、流れを失いかねない局面でことごとくシュートを決めた。ガード保岡龍斗が沈めた4本の3Pは、2本が相手の連続ゴール後、1本は3Pを許した直後と得点以上の価値があった。前田HCは「チームを救ってくれた」と高く評価した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース