各地で冬型強まり暴風雪続く 交通機関に大きな乱れ【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
屋根の一部が剥がれた民家=13日午前11時25分ごろ、秋田市広面川崎
屋根の一部が剥がれた民家=13日午前11時25分ごろ、秋田市広面川崎

 秋田県内は13日、上空に寒気が流れ込んだ影響で、強い冬型の気圧配置となり、各地で雪を伴う暴風に見舞われた。秋田地方気象台によると、14日は夕方まで曇りとなる見込み。

 気象台によると、13日午後7時までの県内各地の最低気温は鹿角市八幡平氷点下6・9度、北秋田市鷹巣と同市脇神同3・1度、秋田市同0・9度など。全26観測地点中、9地点で今季一番の冷え込みとなった。

 午後6時までの各地の最大瞬間風速は八峰町八森30・0メートル、秋田市28・7メートル、にかほ市27・0メートル、能代市25・3メートルなど。

秋田の最新ニュース