イージス住民説明会、佐竹知事「広い会場で開催するべき」

会員向け記事
お気に入りに登録

 佐竹敬久・秋田県知事は16日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画断念を巡り防衛省が秋田市で開く住民説明会について、多くの市民が参加できる広い会場で開催するべきだとの考えを明らかにした。県庁で報道陣の取材に答えた。

 説明会は防衛省が23日夜、秋田市の勝平地区コミュニティセンターで開く予定。約100人の参加を想定している。

秋田の最新ニュース