スイーツ作りが縁、食でつながろう 県北の4協力隊員で団体

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県北秋田市や大館市など4市村の地域おこし協力隊員4人が、連携してイベントを企画する団体「COKs(コックス)」を立ち上げた。昨年12月に始めたスイーツ作りのイベントが1年続いたのを機に、他地域の協力隊や地元との結びつきをより強める狙いがある。

 今月11日、コックス主催の「パティシエに教わるスイーツづくり」が北秋田市民ふれあいプラザ・コムコムで開かれた。計17人が参加し、上小阿仁村特産の木の実「コハゼ」を使ったロールケーキを作った。

ロールケーキの作り方を説明する藤田さん(左)


 大館市の協力隊員でパティシエ経験がある藤田雄佑さん(32)が講師を務め、卵と砂糖を混ぜやすくする方法や、ケーキの生地がひび割れしにくくなる焼き方といったポイントを説明。

秋田の最新ニュース