はじめての家庭菜園:ミニハクサイ、ニンジン 日々の成長が喜びに

有料会員向け記事
お気に入りに登録

頭を押してみて堅く締まっていたら収穫の合図(写真左)。株元に包丁を入れて収穫する

 5月から始めた自宅庭での家庭菜園。冬を迎え、わが家の菜園スペースで収穫を終えていないのはミニハクサイとニンジンだけになった。雨や雪の合間を縫って、先日収穫。今季の作業をほぼ終えた。

 ミニハクサイを植えた場所は、葉でいっぱいになっていた。定植する際、県立大の櫻井健二准教授が「株間を広めに取った方がいい」と言っていた意味がよく分かった。この外側の葉が光合成することも大切で、成長には欠かせないのだという。

秋田の最新ニュース