秋田の食:しょっつる鍋 澄んだ汁、広がるうま味

有料会員向け記事
お気に入りに登録

秋田の冬の味覚「しょっつる鍋」

 今年も本格的な冬を迎えました。冬と言えばハタハタをイメージする人もいるのではないでしょうか。最近は漁獲量が減り、高値となっているようです。それでもハタハタを食べなければ年を越せないという県民は多いかもしれません。今回はこのハタハタなどを原料とした伝統的魚醤(ぎょしょう)「しょっつる」を使った料理を紹介します。

 しょっつるは魚の塩漬けを長期間発酵、熟成させた調味料。石川県のいしる、香川県のいかなご醤油(しょうゆ)とともに日本三大魚醤の一つです。ハタハタのほか、イワシ、アジ、タラ、イワナなどが使われています。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース