ホッキョクグマのフブキ、もうすぐ1歳だよ GAOはお祝いムード

会員向け記事
お気に入りに登録

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市戸賀)で昨年12月26日に生まれた雄のホッキョクグマ「フブキ」が間もなく1歳の誕生日を迎えるのに合わせ、館内が祝福ムードに包まれている。売店の特設コーナーでグッズを販売するほか、メッセージコーナーや“ほぼ等身大”のパネルが置かれた撮影スポットを設けている。

“ほぼ等身大”や生後4カ月のパネルが置かれた撮影スポット



 フブキは雄の豪太(18歳)と雌のユキ(22歳)の間に生まれた。推定で体長約150センチ、体重約120キロまで成長。おもちゃで遊んだり、勢いよくプールに飛び込んだりと元気いっぱいで、時にはユキと取っ組み合うこともある。

 売店には、愛らしい姿が楽しめるフブキグッズが続々と登場。おもちゃで遊ぶ様子をかたどったアクリルスタンド、プールを泳ぐ姿をデザインした巾着など約20種類をそろえ、グッズ詰め合わせも用意した。フブキのおもちゃ用として販売する赤と黄のコーン標識には、購入者がメッセージやイラストを書き込んでプレゼントできる。

秋田の最新ニュース