秋商吹奏楽団、2年ぶり定期演奏会開催 声優の朗読に伴奏も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2年ぶりの開催となった秋田商業高校吹奏楽団の定期演奏会
2年ぶりの開催となった秋田商業高校吹奏楽団の定期演奏会

 秋田商業高校吹奏楽団(秋田市新屋)の第63回定期演奏会が23日、秋田市文化会館で開かれた。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、2年ぶりの開催。声優とコラボレーションしてミュージカル楽曲を披露したほか、息の合った「ステージドリル」などで集まった聴衆約300人を魅了した。

 第1部では、主に県内で活動する声優・ナレーターのこはるひよりさん(秋田市出身)と、ベルギーの作曲家ベルト・アッペルモントのミュージカル楽曲「サタンの種」を披露。こはるさんが「魔女狩り」をテーマにした物語を朗読し、その場面に合わせて吹奏楽団が伴奏を奏で、聴衆を物語の世界に引き込んだ。

秋田の最新ニュース