データで見る若者流出と少子化 止まらない「縮小ループ」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

昨年公表された2020年国勢調査で、秋田県の5年間の人口減少率は6・2%で、5回連続で全国最大となりました。なぜ秋田は全国の中でも極端に人口が減る地域になったのか。戦後70年間の人口データと今後の将来推計を分析すると「若者流出」と「少子化」という二つの要因が浮かび上がります。(斉藤賢太郎)

チャート①は1950年を起点に、2020年までの70年間で都道府県別の20代人口がどう変化したかを表現したアニメーション地図です。国立社会保障・人口問題研究所の推計値を用い、45年までの将来見通しも反映させました。


赤のグラデーションが1950年に比べ20代人口が増えた地域・時期です。東京圏や関西圏、中京圏といった都市部に偏っています。20年時点では日本列島の大半がグレーに覆われています。25年からの将来推計ではさらに色が濃くなっていき、地方の若者は今後ますます減る見通しです。

秋田県の2020年の20代人口は約6万1千人で、1950年に比べて71・5%減りました。減少率は全国一。また、20年に生まれた赤ちゃんの数は約4500人で、50年に比べ89・5%減。この70年で9割近く減りました。

少子高齢化が全国で最も深刻な秋田は「戦後最も若者が減った県」であり、「戦後最も赤ちゃんが減った県」でもあるのです。

これは若者、特に未婚の女性の県外流出が著しいため、将来の母親候補が減り、生まれてくる赤ちゃんも減るという「縮小ループ」が続いてきたためです。秋田が極端に人口が減る地域になった理由を解く鍵は、ここにあります。

チャート②は、いずれも1950年を起点とし、縦軸を出生数の増減率、横軸を20代女性人口の増減率とし、都道府県の値を点で表した散布図です。50年から2020年にかけての変化もアニメーションさせました。


各都道府県の点は、どの年でもほぼ一直線上に位置し、20代女性人口と出生数が強い相関関係にあることが分かります。傾きが緩やかになってきているのは、都市か地方かを問わず出生数が減少しているためです。

20代女性人口は2020年時点で、神奈川や埼玉など6都府県が1950年を上回っていますが、20年の出生数が50年を超える地域はゼロです。若い女性の減少に加え、未婚化や晩婚化が進んだ影響とみられます。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2220 文字 / 残り 1273 文字)

秋田の最新ニュース