オミクロン株警戒しつつ… 秋田駅に帰省客、久々の再会喜ぶ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
家族との久しぶりの再会を喜ぶ帰省客=29日午前11時ごろ、JR秋田駅中央改札口前
家族との久しぶりの再会を喜ぶ帰省客=29日午前11時ごろ、JR秋田駅中央改札口前

 年末年始を古里などで過ごす人たちの帰省ラッシュが29日、ピークを迎えた。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの人が帰省を控え、大きな混雑が見られなかったが、今年は例年の年末に近いにぎわいとなった。秋田市のJR秋田駅では帰省客が家族や親戚らの出迎えを受け、新変異株「オミクロン株」に警戒しながらも、久しぶりの再会を喜ぶ姿が見られた。

 JR秋田支社によると、29日の下りの秋田新幹線こまちは終日ほぼ満席。Uターンラッシュは1月3日となる見込み。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース