高校合格、家族の幸せ…願いそれぞれ 県内の神社に初詣客

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1年の平穏や健康を祈る参拝客=1日、太平山三吉神社
1年の平穏や健康を祈る参拝客=1日、太平山三吉神社

 秋田県内の各地の神社では1日、初詣に訪れた人々が一年の健康や平穏を祈った。

 秋田市広面の太平山三吉神社では、新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に引き続きお守りやお札の授与所にビニールの仕切りを用意。奉仕員はマスクをして対応するなどした。

 両親と訪れた秋田東小5年の児玉英都君(10)は「家族や知り合いが幸せになるようお願いした。今年は勉強とスポーツをさらに頑張りたい」と話した。

 同神社には例年、正月三が日に約10万人の参拝客が訪れる。昨年に続くコロナ禍の中、1日の人出は例年の約4割にとどまったものの、昨年よりわずかに増えたという。

秋田の最新ニュース