若者のミカタ:女性が生きやすい秋田に(1)寛容性、全国最低レベル 若い女性が特に低く評価

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 アンコンシャスバイアスや閉鎖的な社会を嫌い、多様な生き方を求める若い女性たち。連載「若者のミカタ」第1部は、秋田を不寛容と感じる、そんな彼女たちの声に耳を傾ける。

 ◇  ◇

 「子どもとは関わらなくていい。決められた仕事だけしていろ」

 県北部で生まれ育った女性(30)は数年前、地元の学校で非常勤職員として働いていた時、男性校長からこんな言葉を浴びせられた。

 女性は事務的な仕事での採用だったが、「自分も学校の一員」という気持ちで子どもたちと接していた。意見すると、「生意気な口をきくな」と一喝された。「若い女には何を言ってもいいという態度。いまだに怒りを感じる」と女性。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース