寅年にちなみ…「虎」毛の秋田犬がお出迎え 大館市

会員向け記事
お気に入りに登録

JR大館駅前の大館市観光交流施設「秋田犬の里」が、家族連れらでにぎわっている。新型コロナウイルス感染防止のため、秋田犬を展示する部屋には入れないが、4日は寅(とら)年にちなんだ正月企画で、虎毛の雌の「誉(ほまれ)」(2歳)が館内の写真スポットに登場。来館者に愛嬌(あいきょう)を振りまいた。

 写真スポットは、来館者に秋田犬の大型ポスターを背に記念写真を撮ってもらおうと、今年初めて設けた。ポスターには誉を含む4匹の展示犬が並ぶ。この日、写真スポットに突然、本物の誉が姿を現すと、訪れた家族連れなどは大喜び。誉と一緒に何枚も写真を撮っていた。

 秋田犬の里は2日から今年の営業を開始。2日は県内外から531人、3日は310人が来館した。開館は午前9時~午後5時。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 517 文字 / 残り 188 文字)

イベントニュース