世界へ!日本ジオパーク認定10周年 八峰白神&ゆざわ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県の八峰白神ジオパークとゆざわジオパークは、2012年に「日本ジオパーク」に認定され、今年で10周年を迎える。両ジオパークはこれまで、地域振興につなげようとジオツアーなどによる誘客や、学校教育への活用、地域の保全活動に取り組んできた。地元住民への周知も進み、認定ガイドが活躍する場面もある。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界ジオパーク」認定を見据え、地道に歩みを進めている。

[八峰白神ジオパーク]

見どころは20カ所、海岸段丘やブナ林などが魅力

 日本海に面し世界自然遺産・白神山地がそびえる八峰町。町全域をエリアとする「八峰白神ジオパーク」は、海岸部を中心に、見どころである「ジオサイト」が20カ所あり、白神山地の特徴的な岩石や地層と同様のものを海岸部などで観察することができる。

 白神山地の隆起によって発達したチゴキ崎の海岸段丘や留山のブナ林などが魅力。科学的、文化的に特徴ある地形や地質を残している。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1807 文字 / 残り 1400 文字)

秋田の最新ニュース