おしゃれな建物の正体は? 念願のつくだ煮専門店開業、秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録

秋田市土崎港北の住宅街の一角にある「つくだ煮処 集」


 秋田市土崎港北の住宅街の一角にひっそりとたたずむ「つくだ煮処(どころ) 集(しゅう)」。路地を抜けた先にある真新しくおしゃれな建物は、親子が長年の夢をかなえて昨年10月に開いたつくだ煮専門店だ。

 店は佐渡咲代さん(72)と娘の大田集子さん(37)で切り盛りしている。潟上市のつくだ煮製造販売「佐藤徳太郎商店」から、つくだ煮を仕入れて販売する。

 店内にはさまざまな種類のつくだ煮が並ぶ。白魚とくるみを合わせた「うたせ舟」(540円)や、いかと甘納豆を甘く炊きあげた「いかあられ」(400円)が人気商品となっている。

 営業は午前9時半~午後5時半。定休日は日、月曜と祝日。同店TEL018・846・0414

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 322 文字)

イベントニュース