犬、東アジアで進化か ニホンオオカミが最も近縁

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ニホンオオカミの剥製(国立科学博物館提供)
ニホンオオカミの剥製(国立科学博物館提供)

 犬は東アジアに生息していたハイイロオオカミから進化した可能性が高く、20世紀初めに絶滅したニホンオオカミが最も近縁だとする研究結果を、総合研究大学院大や岐阜大などのチームが8日までにまとめた。ハイイロオオカミの亜種とされるニホンオオカミの残された骨からDNAを調べ、系統関係を分析した。

 査読前の論文をウェブに発表した。チームの寺井洋平・総研大助教(進化生物学)は「東アジアのハイイロオオカミが、犬とニホンオオカミの祖先に分岐したと考えられる」と指摘。

 犬が人と暮らすようになった地域の解明に役立つ可能性があるという。